敏感肌の人のベースメイクの悩みとは!?

敏感肌の場合、外部の刺激を受けやすい分、常に肌内部で炎症が起きています。


そのため、肌の下にある血管の色がお肌の表面に出てきやすくなってしまい、赤みが目立つようになってしまうのです。 また敏感肌の方は、バリア機能が低下していて肌も乾燥しているため、色ムラも出やすくなってしまいがちです。


この状態でベースメイクを行ったとしても、顔の色ムラや赤みをカバーすることができず、キレイに仕上がりません。 そもそも敏感肌の場合は、刺激になるのでベースメイクそのものが何もできないということも多いと思います。


そのため乾燥肌以上に、敏感肌は素肌の回復が急務になります。低刺激はもちろんのこと、バリア機能を立て直す有効成分を 補給して健康な肌を取り戻す必要があります。ベースメイクうんぬんというのは二の次でしょう。


まずはバリア機能を立て直し、刺激に負けない肌を取り戻すことが敏感肌の最優先事項です。

敏感肌ほどベースメイクしたほうがいいってホント!?

ベースメイクには肌のコンプレックスを隠してくれる効果とともに化粧膜を張ることで刺激からお肌を守ってくれる効果があるといわれています。 そのためバリア機能が弱った敏感肌にこそ有効だという美容研究家もいます。


普通、敏感肌だとベースメイクによる肌への負担や刺激を考えてしまってベースメイクを控えがちですが、敏感肌こそベースメイクをすべき という視点に立つと化粧膜がないことで紫外線や空気中の有害物質やホコリが直接肌に付着してしまうのでその影響のほうが怖いというわけです。


ポイントメイクも素肌に直接つけてしまうことで、よりポイントメイクの刺激を受けてしまうといいます。


いずれにせよ、敏感な方はお肌を守ることを第一に考えなければいけません。それにはメイクの刺激を排するためにすっぴんで過ごすという人も いればあえて敏感肌用のベースメイクを行っていろいろな外部刺激から肌を守るという考えを持っている人もいるということです。


以前であれば敏感肌にメイクというと悪影響でしかなかったと思いますが、最近は敏感用の化粧品もかなり進化していてお肌を保湿&保護する機能があり、 それでいて保存料や香料などは不使用でメイクそのものの刺激性を排除しているものなど高性能のものが増えています。


時代は変わり、敏感肌用の安心して使えるベースメイクアイテムが増えているということなんですね。


敏感肌用のBBクリームって!? 保湿力&低刺激で選ぶ<Best3>はコチラ
Copyright © 2013 乾燥肌・敏感肌用BBクリーム|保湿力&低刺激で安心<Best3>· All Rights Reserved·